お客様と外で待ち合わせて、食事やお茶をした後に一緒にお店に行く「同伴出勤」は売り上げを伸ばすための大切なインセンティブです。

お店にとっても開店直後にお店に来てくれますし、キャバ嬢にとっても同伴バックとして売上になるのでメリットが大きいシステムなんです。

これだけは避けよう

ただし、店外でお客さんと会う事になるので、注意すべきことやテクニックがたくさんあります。

場合によってはトラブルに巻き込まれたり、食事だけで店にきてくれないなんてことにもなりますので、しっかりと対応しておくことが大切です。

まず避けるべき行動として、第一には高級店を避けること。

お客様が奮発してくれたとしても、それが続いていくと経済的にも精神的にも負担に感じてしまいます。

負担によってお客様が離れていくことになりますので、高級店は避けたほうが良いです。 次に個室を避けること。

個室は二人だけの空間ですので、女の子がスキを見せてしまうと、お客様が口説いてきたりエッチな交渉をしてきたりするリスクがあります。

個室だとやり過ごせないこともありますので、避けたほうが良いです。


お店は自分で探すことがポイント

そして必ず自分でお店を探すこと。自分で探さないとキャバクラの遠くの店を紹介されて車に乗らなければならなかったり、そのまま帰ってしまったりして面倒なことになります。

食事のあとにすぐに出勤できる範囲の飲食店を、自分で指定しましょう。

いまではLINEをつかって気軽に同伴に誘うこともできますので、LINEテクニックを使って同伴に誘ってみるというのもいいですね。